忍者ブログ

Marco's GameRoom

ゲーム関連の記事がぼちぼち増えていくところ

ドラゴンクエスト5(PS2) Play03:妖精の村~氷の館

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ドラゴンクエスト5(PS2) Play03:妖精の村~氷の館

ドラゴンクエスト5(PS2) Play03


妖精の村~氷の館


レヌール城でのお化け退治も済んで
プックルを受け取り

パパスも元気になったということで
サンタローズに帰ることになった

ビアンカと別れることになった時に
プックルをどうするか、とか
もっと話し合っても良かったかもねw

暗黙の了解でマルコが引き取ってるし;

ちょっと味気ない・・・;

なんにせよ、ビアンカのリボンをもらって
サンタローズへ


サンタローズの村へ戻ると
パパスに手紙が来たみたい
でも、内容は教えてもらえなかった;

なんだろうね

で、調べごとがあるとかで
ほったらかしにされたので
村を散策w


酒場で見つけたエルフのベラと話をすると
エルフの国(?)を助けて欲しいとのこと

ベラが光の道を作ってくれて
いざエルフの国へ

ベラ
すごい能力w

さっそく女王らしきポワンと面会して
春風のフルートが奪われたので取り返してほしい
って頼まれた

このままでは春が来ないらしい・・・

どんなシステムだかよく分からないw

ベラもポワンも
6歳の子どもにそんな大変そうなことを頼まないで欲しい;


とりあえず
ベラが仲間に加わって
フルート探し



フルートを奪った盗賊は
氷の館にいるらしいので
さっそく向かってみるw


移動中も戦闘中も
雪景色がすごい!

真っ白w

ちょっと目が疲れる;;


戦闘はベラが適度にホイミを使ってくれるから
割りと適当でもやっていける感じ

マッドプラントのマヌーサが大変なくらい


で、氷の館らしき場所に到着するも
カギがかかっているとのことで
文字通り門前払いw

まぁ、普通に考えたら
ほとんどの建物はカギくらいかけてるよね?
っていう話w

エルフの村でカギの話も出ていたので
さっそく村の西へ


洞窟へ入ると
ドワーフとスライムがいて
いろいろと教えてくれた

犯人はザイルで
ドワーフのおっさんがポワンに追い出されたと勘違いして
仕返しでフルートを盗んだらしい

ということで
お詫びに「カギの技法」をもらえることになった

洞窟の奥の宝箱に封印してあるらしい

というか、「技法」なんだから
その場で教えてもらえそうだけど・・・;

違うのかな・

ほどよい強さの敵を倒しつつ
カギの技法をゲットして
村へ戻ったときには
だいぶお金もたまってた

装備を整え、宿屋に泊まると
サンタローズに戻っていたので
いったんセーブしようかと思ったら

教会の前に明らかに怪しい人が・・・w

ゴールドオーブを見せてあげたけど

これ、見せないで話を進めたらどうなるのかな?

って、話した後に少し後悔;

ま、いっかw

再び氷の館へ

ここまで
マルコ:Lv9 ブーメラン 鱗の鎧 青銅の盾 毛皮のフード
プックル:Lv6 皮の腰巻


氷の館は地面がすべるので
移動しづらい;;


で、ザイルが問答無用で襲い掛かってきたので
軽く蹴散らして誤解を解き、

黒幕の氷の女王が登場!

大きく息を吸い込んでからの攻撃で
ベラがやられたけど
なんとか撃破!

ザイルが雪の女王にだまされていたことに気がついたw

だまされていたとはいえ
結局フルートを盗んだことを謝らなかったのはどうかと・・・;

ドワーフのおっさんに
お仕置きしてもらう必要があるねw


ポワンのところにフルートを持っていくと
喜んでくれた

それだけw

大人になって困ったことがあったら
助けてくれるそうで・・・


ベラは木の枝をくれた

何だっけ?


で、フルートを吹くと
景色が徐々に変化して春に

なかなかグラフィックは綺麗でイイ感じw



元の世界に戻ると
パパスはラインハットの城へ向かったらしい

サンチョが
マルコが持っている桜の木の枝に気づいて

「お部屋に飾っておきましょうか?」

とか聞いてきたので

「いいえ」にしちゃったけど

なんだったんだろう?

「はい」にしたら何かあったかな?
まったく覚えてないやw


パパスを追いかける前に
セーブしておこうかと思ったら

教会にパパスがいたw

話して一緒にラインハットに向かうことになったところで
セーブして終了


次へ
リストへ戻る

コメント








Profile

Name: Marco
お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします

Infomation


○このブログを閲覧した結果によって発生した損害について、管理者は一切の責任を負いません
○このブログはリンクフリーです
○文章や画像の転載はご遠慮ください

PR